• ホーム
  • 花粉症治療薬の効果的な使い方

花粉症治療薬の効果的な使い方

せきが出る男性

花粉症の治療薬は、症状の軽減に確かに役立ちます。ただ、効果的な使い方がありますのできちんと覚えておくようにしましょう。

花粉の治療薬の副作用は、主に眠気です。ですので、寝る前のタイミングで服用すると睡眠効果があるため良いといえます。逆に、運転や高所作業をする前には適していません。服用することで、眩暈やふらつきがみられ事故起こすリスクがあるため控えておきましょう。もしも、どうしてもそうした作業の前に服用するのであればば、効果や副作用が軽減された医薬品を購入して服用したほうが良いといえます。

眠気が強いタイプの花粉症治療薬を服用する場合には、寝る前に花粉症治療薬を飲むことによって、快適な眠りを演出することが可能です。また、朝快適に目覚めやすくなるので眩暈などで事故などを起こさずに済みやすくなります。

最近販売・処方されている花粉症治療薬の主流は、副作用として発生しがちな眠気自体を抑えている第2世代の鎮静作用が少なめの非鎮静性タイプものが主流となっています。このタイプの医薬品であれば、飲むタイミングのことをそこまで気にすることなく服用することが可能であるためです。

とはいえ、医師によっては使い慣れていることや強い効果・即効性などを求める理由で眠気が出やすい第1世代及び非鎮静性ではない第2世代の抗ヒスタミン薬を、まだ処方しているケースが少なくありません。

安全性を考えるのであれば、医師から渡されたり購入した花粉症治療薬がどのようなタイプのものに該当するかを考えておく必要があるといえます。特に、仕事などで忙しいビジネスマンにとっては、第2世代の非鎮静性タイプを使っていくのが最も効果的であり馴染みやすいといえます。

もしも花粉症の治療薬を飲んでいる人で、今の薬が合わなかったり眠気が出やすくて困っている人がいる場合、医師や薬剤師に相談してみることで解決できる可能性が高まります。

飲み薬以外を使うという方法もあります。貼るタイプの花粉症薬も登場しており、使う事で有効成分が皮膚から吸収され内臓に負担をかけずに使用することが可能です。ただ、このタイプの花粉症治療薬のポイントはあまり長い間同じ場所に貼らないという点が重要です。貼った部分が赤くなったり刺激を感じるということがないように、貼る場所を工夫しておくようにしましょう。

できれば花粉症の治療薬は初期療法という方法で、予防の観点から飛散し始めるタイミングを予測して早めに飲んだ方が症状が出たとしても出方は軽減されます。重症化してから薬を使うより、そのほうが楽なのは違いありません。