• ホーム
  • 花粉症の治療は早い方がいい

花粉症の治療は早い方がいい

マスクをかけている女性たち

花粉症にかかったかあるいはそれが疑われる場合の治療は、できるかぎり早い方が良いと言われています。その理由はもしもそうした状態になってしまったとしても、早いうちにクリニックなどに行ってそこで早期治療を行えば症状が緩和しやすく治りも早くなるというわけです。また、もしも症状が花粉症じゃなかったとしても花粉が飛散しやすい時期においては、予防の観点からも対策を行っておいた方が良いでしょう。

もしも、花粉症にかかってから治療する時期が遅れてしまうと花粉が飛び交うシーズンには、さらに多量の花粉を吸いこんだりすることで症状を悪化させてしまうことにつながります。花粉症といっても侮ることはできません。鼻水・鼻づまり・くしゃみの症状だけで日常生活に支障をきたしてしまうことが多いです。

ですので、飛散しやすい時期になったら花粉症持ちの人は早めの対策と何かあった時の治療・準備などを心がけておきましょう。そのほうが、症状の緩和や早期治療に役立ちます。

花粉症に対する予防意識をどうやって持つかに関してですが、テレビまたはラジオのニュースやインターネットなどで、花粉が飛び交う時期や飛散量を検索するようにします。天気予報を伝える気象庁や民間の企業では、花粉に関する予報を例年春から夏のシーズンにかけて調べてニュースとして流しているので、検索して把握するようにしましょう。

ネットのニュースサイトでも、花粉症の情報は例年記載されています。そうしたニュースサイトでは、花粉の飛散予想のほかに実況マップに関しても記載されており住んでいる街や出かけ先の花粉情報が一目で把握することが出来るようになっていますので、参考にすると良いです。

またスマートフォンを持っていれば、アプリケーションをダウンロードすることによって毎朝決まった時間にその日の花粉予報を知ることが出来ます。アプリケーションを活用することで花粉飛散の開始・ピークのタイミングも通知してくれるので、通勤通学などの外出時に役立ちます。

飛散しやすい時間帯ですが、例えば代表的なスギ花粉が飛び交う時間帯は気象条件などにもよりますが昼前後・日没後となっています。昼に多くなる理由は午前中に飛び出した花粉が数時間後に都市部に到達するためであり、そして日没後にも飛散しやすいのは上空に上がった花粉が日没後に地上に落ちてくるためとされています。晴れていて、気温が高い日や乾燥した風の強い日は花粉が多くなりやすいです。