• ホーム
  • ステロイド注射で花粉症は治療できる?

ステロイド注射で花粉症は治療できる?

マスクをかける女性

ステロイド注射は、名前の通りステロイドと呼ばれる成分を注射することによって病気の治療を行います。ステロイドは、腎臓の上部に存在する副腎と呼ばれる臓器の外側の部分、皮質といわれるところで作られているホルモンです。別の名称では、副腎皮質ホルモンとも呼ばれます。

そのものは、普通の状態でも常に体内で作られており、体に対する様々なストレスに対処する役割を持っている重要なホルモンです。このホルモンの成分のうち、糖質コルチコイドを化学合成したものをステロイド剤と呼び、治療に使用することがあります。炎症を鎮めたり、免疫を抑制することができるのがメリットです。

しかし、このステロイド注射にはそうしたメリットの反面デメリットもあり、それが問題になることもあります。それは、副作用による症状が重くなることがあるということです。クリニックの中にはこの方法を提供しているところもあるのですが、安全性への懸念から大手のクリニックではまず行いません。また、ステロイドの注射は健康保険の対象ではありませんので、料金が高くなりがちなのもデメリットです。

花粉症はステロイド注射で治療して治せる可能性はあります。しかし、もっと安全性が高い方法が確立されているのでそちらのほうが良いでしょう。ステロイド注射で一発で完治できるとうたっているクリニックもありますが、できれば利用しない方が良いです。この方法をあくまで使うとするならば、内服薬ではどうしても花粉症に対する効果が見込めなかった場合にだけ考慮されることはあります。普通の医療においては、ほとんど治療方法としては考慮されません。

副作用による症状ですが、まずよくみられるのが薬の効果が強すぎて感染症にかかりやすくなることです。さらに、糖尿病・胃潰瘍になる可能性があります。長期投与では白血病や骨粗しょう症になりやすくなるため要注意です。さらに、女性の場合は月経にも異常が現れてしまい無月経と呼ばれる状態になり、その結果として生理が来なくなることもあります。

花粉症に毎年ステロイドの注射を打っているという人は、毎年一定数はみられます。効果が持続しやすいのと、この方法でならば完治する可能性はありますがその代わり副作用による症状も持続しやすいことから治療方法としてはおすすめはできません。少なくても、注射一本で花粉症が完治できるなどの誤った情報に惑わされないように考える必要があります。