• ホーム
  • アレグラは副作用が抑えられた花粉症の治療薬!

アレグラは副作用が抑えられた花粉症の治療薬!

調子が良くない男性

アレグラは、花粉症の治療薬の中では比較的穏やかに効果を実感しやすく、副作用に関してもそこまでありません。そのため、花粉症を治したいとは思っているものの服用後に眠気を感じるのがデメリットに感じている人にとっては、悩みを解決してくれる薬といえます。

アレグラの主成分は、フェキソフェナジンです。フェキソフェナジンが体の中へと入っていくと、ヒスタミンH1受容体拮抗作用を示すほかに各種ケミカルメディエーター遊離抑制作用などもあり、その結果としてアレルギー症状を改善してくれます。

アレグラを使用した後の効果ですが、アレルギー性鼻炎における3大症状といわれるくしゃみ・鼻水・鼻づまりなどの諸症状を全て緩和してくれるため多くの花粉症に悩みを持っている人に適している医薬品です。

アレグラは、病院で処方されるもののほか市販薬でも販売されています。ただ、市販薬のほうは処方されるものと比較すると効果は穏やかとなっています。市販薬のほうは、つらい症状のときに飲んですぐに効く軽症の人かあるいは予防を目的としている人向けです。

もしも初期療法から始めて花粉症の出やすいシーズンを通して使用する場合は、市販薬よりも自分に合った医療用の薬を処方してもらった方が適しているといえ、金銭的な負担も軽減されます。

アレグラの副作用は、眠気です。ただ、花粉症の治療薬の中では比較的眠くなりにくい医薬品として認知されています。鼻に効いて脳には入りにくいという特徴を持っているためです。ですので、普通に使っている限り副作用の眠気のせいで日常生活に支障をきたすことはあまりないでしょう。ただ、車の運転や高所作業など集中力を要することが絡むときは事前にしっかりと考慮しながら決めていった方が良いです。

アレグラの注意点ですが、まずこの医薬品は継続して飲むことによって治療のほか花粉症予防に利用することが可能です。まずは、しばらくの間飲み続けてみるようにしましょう。抗ヒスタミン薬の中で、もっとも副作用が少ないと言われているのがアレグラです。その分、効き目が穏やかなので物足りないと感じてしまう人もいます。

主な副作用の症状は眠気のほか、口の渇きやめまいなどがあります。また、頻度はほとんどありませんが中にはアレルギー症状として湿疹やショック症状を示すこともあるため異常に気づいたら医師と相談するようにしましょう。

子供の服用は、15歳未満に該当する場合は安全性の観点からおすすめはできません。ですので、別の花粉症対策を行うなどをしておいたほうが良いです。